社会復帰編3「アラサーひきこもりなのに俳優ファンイベントのためコスプレ外出した話」

漫画:アラサー引きこもり女が2.5次元で社会復帰した話
3「アラサーひきこもりなのに俳優の謎イベントのためにコスプレ外出した話」

10年前、某2.5次元ミュージカルにハマって寝たきりウツから物理的に立ち上がったプル子さん。推し俳優のファンイベントが開催される事を知って参加申し込みをするのですが・・・。

 

 

ひきこもりには難易度激高?クセの強すぎるファンイベント

今考えても斬新すぎる!推し俳優のファンイベント

プル子さんがひきこもりから外に出るきっかけになった俳優さんのファンイベント。

俳優さんのファンイベントといえば「トークショーがあって一緒にチェキ(写真)をとったり握手やハイタッチをする」というのが一般的だと思うのですが、

私がハマった俳優さんのイベントは「コスプレ参加してラグジュアリーな空間でプロカメラマンにガチのツーショット写真を撮影される」というかなり特殊な内容でした。

ちなみに同じ俳優さんの他のイベントは、「ドレスアップ(プル子はゴスロリファッションを選択)して参加し、オペラ座の怪人の格好をした俳優さんとツーショットを撮った後に白衣に着替えた俳優さんに診察される」という前衛的すぎる内容だったのですが、後にも先にもこれよりカオスな内容のイベントは聞いたことがありません。

一見クセの強すぎるファンイベントに不安を抱きつつ参加するプル子さん。

しかしこのイベントがまさかの「ひきこもりからのリハビリ」になってしまうのです。

次の記事「社会復帰編4」に続きます
 

スポンサーリンク

 

▼エッセイ漫画一気読みはこちら

最新の更新はツイッターアカウントにて→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です